テレビ・メディアで紹介された名医・専門医 > 精神病・神経内科 > 心療内科全般・パーキンソン病の名医

心療内科全般・パーキンソン病の名医


村田美穂

【所属病院】
国立精神・神経研究センター

【専門疾患】
・パーキンソン病

【出演番組】
「チョイス@病気になったとき」等に出演

【医師情報】
日本のパーキンソン病治療の第一人者。運動症状発症前バイオマーカーの特定研究に力を入れています。REM睡眠行動異常症との関連性についても指摘しています。
スポンサーリンク

水野美邦

【所属病院】
東京クリニック

【専門疾患】
・パーキンソン病・認知症・脳血管障害・痙攣

【出演番組】
「日本の名医」著書も多数

【医師情報】
パーキンソン病や認知症、原因不明の痙攣の治療をメインとした神経内科の専門医。脳血管障害の診断治療にも精通しています。順天堂大学の名誉教授も務めていて、新人医師の育成など日本医学の進歩に貢献している名医です。
スポンサーリンク


横山和正

【所属病院】
順天堂大学付属病院

【専門疾患】
・神経免疫疾患・神経内科全般

【出演番組】
「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」等に出演

【医師情報】
神経免疫疾患、神経内科全般を専門分野としていてパーキンソン病の治療実績が良好。国内だけではなく海外からも称賛されている名医です。順天堂大学付属病院では40年の歴史をもつ日本屈指の神経学講座の講師を務め、新人医師の育成にも力を入れています。

樋口進

【所属病院】
国立病院機構久里浜医療センター

【専門疾患】
・アルコール依存症・インターネット依存症
【出演番組】
「今日の健康」等に出演

【医師情報】
日本でアルコール関連の問題やインターネット依存症の改善に対し、最も尽力している名医です。

倉恒弘彦

【所属病院】
大阪市立大学医学部附属病院

【専門疾患】
・疲労

【出演番組】
「チョイス@病気になったとき」等に出演

【医師情報】
内科全般と心療内科の専門医。日本の慢性疲労症候群の治療を前進させた立役者です。原因不明の激しい全身倦怠感や続く微熱・頭痛・筋肉痛・脱力感・思考障害など、倦怠感を伴う体調不良と病気の関係性を診断しています。

スポンサーリンク

関連記事