メディカル24
本当に役立つ、身近な医療情報
メディカル24 > メディカルNEWS24 > 芸能人の病気NEWS > 消化器疾患(胃がん・食道がん等)

消化器疾患(胃がん・食道がん等)

梅宮辰夫(十二指腸がん)

2016年9月7日、梅宮アンナさんが、父・梅宮辰夫さんが十二指腸がんであると都内で緊急会見を行いました。

十二指腸がんとは、胆汁の通り道である総胆管と膵液の通り道である主膵管が、十二指腸壁を貫き、十二指腸内腔へ開口する部位に発生する悪性腫瘍のことです。

梅宮辰夫同年7月27日に梅宮さんが受けた手術は、十二指腸と胆嚢を全摘する大手術となり、手術時間は11時間にもおよびました。

梅宮さんは過去にも大病を経験されており、1974年に睾丸腫瘍で「余命3ヶ月」の診断を受け、肺への転移が確認され深刻な状態でしたが、抗がん剤による化学療法によって復帰されています。

抗がん剤の副作用で髪の毛が抜けることがよく起こりますが、梅宮さんの場合、脱毛症状がなく主治医も驚いたそうです。

さらに2016年2月、作家でプロデューサーの安藤昇さんのお別れ会に体調不良を押して歩行器を使って参列されていました。

この時、医師からは即入院を指示されていましたが、お別れ会出席のために2日間入院を先延ばしにしました。

入院が遅れたことで、肺炎・心不全・腎不全・糖尿病・高脂血症・狭心症・心房細動・高血圧と8つもの合併症のため、一時は危篤状態であったことを明かされています。

今回の十二指腸がんの闘病で梅宮さんは体重が10kg減ったことを告白している。

スポンサーリンク


渡辺謙(胃がん)

2016年2月、俳優の渡辺謙さんが人間ドックの検診で胃がんが発覚しました。幸い初期であったため、内視鏡による治療を終えています。

渡辺謙手術時間は約2時間と4日間の入院後、自宅療養を1ヵ月されています。その後は渡米し再びブロードウェイミュージカルで出演復帰を果たされています。

渡辺謙さんは1989年に初主演となるはずであった「天と地と」の撮影中に急性骨髄性白血病を発症し降板するという過去があり、定期検査は欠かさずに受けていました。

今回、元奥様の南果歩さんから人間ドックをたまたますすめられて、早期の胃がんが見つかるきっかけとなっています。

市村正親(胃がん)

2014年7月27日、俳優の市村正親(当時65歳)に早期の胃がんが判明。都内の病院に入院するとに所属事務所を通じて発表がありました。

市川正親市村さんは今年の6月の後半から体調不良を訴えており、都内の病院を受診。急性胃炎の診断で入院されました。

その後の精密検査にて腫瘍が見つかり、病理検査の結果は悪性腫瘍(がん)。

最初は急性胃炎の診断でしたが、妻の篠原涼子さんが「すごい痛がっていて不安なので、いろいろと調べてもらえませんか?」と言ってくれたことから胃がんが発覚したという。

そのため、開幕したばかりのミュージカル「ミス・サイゴン」の全公演の休演が決定。

市村が演じるエンジニア役はすでに同役を演じている駒田一さんに加え、筧利夫さんが代役を演じました。

市川さんは都内の病院に約2週間の入院。早期の胃がんであったことから腹腔鏡手術が行われた。

退院後、市村さんは報道陣の前に「胃がんを克服して、復帰することができました」と元気な姿を披露している。

宮迫博之(胃がん)

2012年11月、雨上がり決死隊の宮迫博之さんが胃がんであると診断されたのは彼が42歳の時。胃がんの進行度は「ステージ1A期」という初期段階でした。

宮迫博之診断の翌月には、胃の3分の1を切除する腹腔鏡下手術が行われ、後に治療の様子がドキュメンタリー番組で公開されています。

今回、偶然に受けた人間ドックが胃がん発見の鍵となりました。

担当医から「このまま放置すれば半年は持たなかったかもしれない」との説明を受けた時には「目の前が真っ暗になった」と当時の心境を語っている。

ちょうどこの時期に同じ事務所の次長課長・河本さんやチュートリアルの福田さんがすい炎を発症して入院するなどが続いていました。

そんな背景の中で年齢的にも何となく人間ドックを受診しようと思い、胃カメラ検査も偶然にオプションで付けたんだそうです。

退院後は自宅療養を終えて2013年1月以降は、本格的に仕事復帰している。

スポンサーリンク


辛坊治郎(十二指腸がん)

2012年、ニュースキャスターの辛坊治郎さんが十二指腸がんを発表。

辛坊治郎辛坊さんは、小型ヨットによる太平洋横断へのチャレンジ企画に参加するため、健康診断をすることになります。

この時、胃内視鏡検査をオプションで(3千円)で何気なく追加しました。

検査の結果、初期の腫瘍が発見されるのですが、良性か悪性かは手術後の病理検査を待つことになりました。

同年12月19日に内視鏡による十二指腸腫瘍の摘出手術を行い、朝番組に病院から直行して出演している。「私、病院からやってきました。今日手術なんだよ。テレビ出て解説してる場合じゃないだろ」とコメントされています。

手術で切除したの腫瘍は1.5センチ。病理検査では悪性腫瘍(がん)という結果になりました。

摘出手術から約3カ月後の2013年3月に肺に影が見つかり、転移の可能性がある事を告白。

この結果次第でヨット企画はどうなるものか?と本人も心配していましたが、4月のCT検査で転移は確認されませんでした。

その後、太平洋横断に臨みましたが、出発して間もなく鯨と思われる生物と衝突してヨットは浸水。約10時間を四角漂流したのち自衛隊に救助されています。

桑田佳祐(食道がん)

2010年7月、サザンオールスターズの桑田佳祐さん(当時54歳)に食道がんが発覚しました。

定期健診の内視鏡検査で食道ポリープが見つかり、さらに組織の精密検査で悪性腫瘍(がん)が判明しました。

幸いステージ1という初期状態で発見されたため、他の組織への転移等はありませんでした。

桑田佳祐食道がんが発覚した同年7月31日、桑田さんはご自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組で次のようなお話をされています。「がんはステージ1という段階であり、まだ深くに達していない状況。場所的には食道の真ん中より少し下の部分で胃に近い場所。先のことも考えて手術を受け、治療を行って行きたい」(本人コメント)

また、桑田さんは歌手というご職業柄、声に関して最も心配されていましたが、担当医から「手術をしても声が出なくなるようなことはない」という説明があり安心したそうです。

翌月には手術が行われ、食道の一部を切除して胃に繋げる手術で約6時間に及ぶ手術でしたが成功し、同年の8月下旬には退院されています。

桑田さんのお父さんは2004年にがん性腹膜炎により77歳で他界、お姉さんも2008年に56歳という若さで膵臓がんで亡くなられており、自身のラジオ番組で「まだ完治じゃないんだよ。再発する可能性があるから気をつけないと」とコメントしている。

その年の大晦日・紅白歌合戦で電撃復帰をしている。

佐藤B作(胃がん)

2007年、俳優の佐藤B作さんが人間ドックで初期の胃がんが判明した。

佐藤B作B作さんは胃がんの前兆としてお酒が次の日に残ることが多かったと話している。

舞台で共演した中村勘三郎さんからすすめで人間ドックを受けたことで初期の胃がんが発覚。

病気発覚時、B作さんは劇団の地方公演の座長だったこともあり、治療が2008年の5月まで引き延ばすことになります。

その後、予定通りに胃の3分の2を切除する手術が行われ、術後3週間の入院生活となりましたが、病院からドラマ収録に通っていたといいます。

同年8月の舞台に向けてウォーキングなどリハビリに励んでいましたが、思うように体力が回復しなかったことから12年間主役を務めてきた舞台を降板しています。

その後、手術から10カ月経過した2009年3月に食道に転移が見つかり、直ぐに手術が行われました。

その後、再発予防で放射線治療と抗がん剤治療を受けることになるのですが、激しい副作用から途中で中断されています。

そして翌年に再び異常が見つかります。3度目の手術を受けられましたが腫瘍は幸い良性でした。

3回目の手術後、出演中の舞台は全て降板されて、治療に専念されています。

後にB作さんは「命には限りがある。がんになって初めて自覚した」とコメントしている。

スポンサーリンク


藤原喜明(胃がん)

2007年、プロレスラーの藤原喜明さん(当時57歳)がステージ3a期の胃がんと診断されました。

医師から「残念な結果出ました」と胃がん告知を受けた時、藤原さんは「俺、死ぬんだな」とショックのあまりに座り込んでしまったといいます。

医師から告げられた5年生存率は、41.7%という辛い現実でした。

告知を受けて藤原さんは「人間は1回は死ぬ。明日死ぬか、30年後に死ぬかの違いしかない。だから死ぬまで、現在を一生懸命に生きるしかない」と考えたら一気に気が楽になった語っている。

今回、藤原さんに胃がんが見つかったのは、知人の紹介で北関東にある総合病院の整形外科で肘の手術を受けたことがきっかけでした。

藤原善明肘の手術後、せっかく遠い病院まで来ているのだから、ついでに全部診てもらうことになり、大腸内視鏡検査と胃カメラ検査を行った際、胃に4センチの悪性腫瘍が確認されました。

本来であれば、胃の全摘出になるのですが、術後に痩せてしまうため、プロレスラーとして復帰したいという思いから胃の半分切除になりました。

手術は成功、1週間後には毎朝病院の周りを歩くなど、驚異的な回復を見せたといいます。

その後、病理検査でリンパ節への転移が確認されましたが、抗がん剤による治療を続けて克服されました。

じつは藤原さんは胃がんの公表していませんでしたが、アントニオ猪木さんの団体に参戦することが決まり、その記者会見にて猪木氏が喋ってしまうハプニングがあって報道されたそうです。

王貞治(胃がん)

2006年、ソフトバンク球団会長の王貞治さんが胃がんの全摘出手術を受けられています。

同年7月に主治医の北島正樹さんによる医師団の記者会見で発表されました。

当時の王さんは67歳で、年2回の胃カメラの検査を定期的に受けていた中での発見になりました。

王貞治腫瘍の大きさは5センチ、食道側入口の1.5センチ下から胃の中心付近まで広がっていました。

当時では珍しい腹腔鏡手術が行われ、手術時間は9時間にも及んだため、術後の王さんの体力や容態を心配する声も多くありました。

「開腹手術であれば3~4時間で終わるのに」という批判の声が当時は上がっていたようです。

患部に近いリンパ節に転移の有無を丁寧に調べるため、時間がかかったそうです。

結果、転移が1箇所確認され、他への転移はありませんでした。

王さん自身も手術翌日に「痛みもなく信じられない」と驚いていたそうです。

現在ですが10年が経過した今も再発等はなく、完治となる5年は過ぎておられます。

スポンサーリンク


小林克也(胃がん)

2006年、ディスク・ジョッキー(DJ)の小林克也さん(当時65歳)が胃がんのため、胃の半分を切除しています。

同年3月に小林さんの奥様がぎっくり腰になったことで、偶然に人間ドックを一緒に受けたのがきっかけでした。

2年ぶりの検査となった小林さんは、胃のバリウム検査で再要検査となり、大学病院で500円玉位の胃がんが見つかりました。

診断された時、本人に自覚症状はなかったため、自身の病状よりも「受けていた仕事がどうなるかの方が心配だった」と後に話されています。

小林克也急遽、録音にて放送される番組収録が行われ、入院に向けて準備がはじまります。

生放送で行っているFMラジオ番組「ファンキー・フライデー」は9時間の長時間番組でしたが、小林さんと親交のあったミュージシャンがMCを務めました。

同年4月に胃の半分と周囲のリンパ節の切除する手術が行われ、術後は体重が10㎏ほど減少したものの声が出にくくなることもなく退院されています。

その後、小林さんは胃がんの手術から6年後の2012年に前立腺がんが見つかっています。

ショックを受けた小林さんは、セカンド、サードピニオンまで受けてその後の治療方針を決めたといいます。

宮川花子(胃がん)

宮川大助・花子の花子さんが1988年に胃がんの手術を受けらています。

当時の花子さんには、小学4年生の長女がおり、コンビ結成から10年目の33歳の時でした。

宮川大助・花子1988年10月、夫の大助さんが体調不良を訴えていたこともあり、マネージャーのすすめもあって2人は検診を受けることになりました。

検査の結果、花子さんの胃にピンポン玉大の腫瘍が確認されたことで、年末年始の収録を数週間で終わらせた花子さんは11月21日から入院。

一週間後の11月28日には手術を受けられ、集中治療室から一般病棟に移ったのは手術から4日後でした。

手術では胃の5分の1を切除、約3ヵ月の入院生活を送ることになります。

当時の様子を花子さんは「病名は知らされていないが、術後は不安で仕方なかった」と語っている。

当時、本人へのがん告知がタブー視されていた時代だったため、本人には良性ポリープとしか伝えられていませんでした。

花子さんが胃がんだと知らされたのは術後から5年後となり、花子さんに代って告知を受けていた大助さんは5年間も隠し通したのです。

治療中は花子さんを励まし、大助さんは1日も舞台を空けることなく、花子さんが復帰した時の居場所を守られていたといいます。

スポンサーリンク

HOME