メディカル24
本当に役立つ、身近な医療情報
メディカル24 > メディカルNEWS24 > 芸能人の病気NEWS > 婦人科疾患(子宮頸がん・子宮体がん等)

婦人科疾患(子宮頸がん・子宮体がん等)

古村比呂(子宮頸がん)

2011年12月に女優の古村比呂さん(当時46歳)が、子宮頸がん検診で初期の子宮頸がんと診断されました。

古村比呂初期だったため、子宮の一部をレーザーで切除する手術が行われました。手術は約30分程度で終わり、入院期間は3泊4日と短かったため本人も驚いたそうです。

しかし、浸透が浅いと思われていた子宮頸がんでしたが、手術後の検査で奥の方まで浸潤していることが発覚し、子宮の全摘出手術が必要であることを医師から告げられました。

既に3人の子どもがいる古村さんは、子宮全摘手術を受けることを決意。約6時間に及ぶ手術になりましたが無事に成功しました。

その後、2012年6月に仕事復帰を果たしますが、手術の後遺症で排尿障害とリンパ浮腫に悩まされたといいます。

排尿障害に関しては尿意を感じることが減ったため、トイレには時間を決めて行っているそうです。

リンパ浮腫については症状が悪化し、象皮症を発症する危険性があったため、2016年4月に手術をされています。

翌年の2017年3月に子宮頸がんの再発が見つかります。

抗がん剤や放射線の治療後、7月末に腫瘍マーカーの値が正常値となったことを9月に自身のブログで告白しています。

その後、古村さんはテレビ出演だけでなく、がんの交流会に参加するなど精力的的に活動されています。

スポンサーリンク


大竹しのぶ(子宮頸がん)

女優の大竹しのぶさんが2016年8月5日に放送されたテレビ番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」で子宮頸がんの手術を受けていたことを告白。

大竹しのぶ1992年9月に離婚した大竹さんですが、同年の12月に婦人科検診を受けた際に子宮頸がんが発覚。大竹さんが35歳の時でした。

精密検査の結果、大竹さんの場合はがんに進行する直前の前がん状態だったといいます。

子宮の摘出手術ではなく、レーザーによる子宮頸部の一部を切除する円錐切除を受けることになります。

しかし、ちょうどその時期に出演予定の舞台公演を控えていたことから、舞台の千秋楽まで手術を伸延ばし、翌年の1993年に手術が行なわれました。

手術は無事に成功。入院期間は2日間程だったことを番組内で語っています。

番組で子宮頸がんを告白されたのは2016年ですが、10年前の2006年に出版した大竹さんの自伝「私一人」で子宮頸がんの告知から手術に至るまでの話が書かれています。

退院後、定期健診受けている大竹さんですが経過でがんの再発はないようです。

希良梨(子宮頸がん)

2015年1月、女優の希良梨さん(当時34歳)が子宮頸がんであることを告白。

希良梨希良さんは昔から酷い生理痛を抱えておりましたが、ある日、今までに経験したことのない痛みに襲われ、お母さんに説得されて病院を受診しました。

病院での検査結果、子宮頸がんであることが発覚。希良さんは当時19歳で10代での子宮頸がんは稀になります。

若年性がんは進行が早いため、場合によっては子宮全摘出の可能性もありましたが、内部までは進行していないことから子宮全摘出はありませんでした。

治療では円錐切除の手術を受け、約4cm程の子宮頚部の内3cmを切除。手術は無事に成功しました。

手術は成功したものの19歳だった希良さんは、身体的・精神的にも負担は大きく20歳になって病気は明かさないまま芸能界を引退しました。

その後、25歳で台湾の映画プロデューサーと結婚。26歳と28歳の時に妊娠しますが2回とも流産しています。

流産の原因は子宮頸がんのため円錐切除したことが考えられ、流産率が通常よりも3~4倍高くなるという。

その後、3度目の妊娠をするのですが、子宮頸がんの再発が見つかります。

再手術を行うと子どもを産むことができない可能性があったため、直ぐに手術を行わずに子どもの命を優先する選択し、無事に男児を出産。

心配されていた子宮頸がんですが進行はありませんでした。その後、治療をしながら芸能活動を続けられています。

スポンサーリンク


夏目亜季(子宮頸がん)

アイドルの夏目亜季さん(当時23歳)は、2014年9月に子宮頸がんと診断されました。

子宮頸がんが発覚する約1年前から不正出血の症状がありましたが、持病の自己免疫性溶血性貧血の影響だと思っていました。

夏目亜季しかし、7月に高熱・血尿の症状に加え、不正出血の量が増えてきたため、念のため病院を受診することを決めます。

1回目に受診した病院では、高度異形成クラス3bの診断されました。

しかし、他の病院での検査では子宮頸がんが発覚。さらにリンパ節への転移が確認されました。

抗がん剤を使用した化学療法を6クール、同時に週5回のペースで放射線治療を受けることになります。

退院後、平日は毎日のように通院していたといいます。

夏目さんは副作用を心配されていたようですが、髪の毛が抜けることもなく、軽い吐き気と体の怠さ程度でした。

しかし、週1度で行なっていた腔内照射の痛みが酷く、とても辛かったことをコメントしている。

夏目さんは治療する前に4つの病院で検査を受けており、3つの病院では治療に最低1年間は必要だと言われ、アイドル活動を辞める覚悟をしたそうです。

しかし、最後に受診した病院で1~2ヵ月の治療で大丈夫だと言われ、アイドル活動を続ける希望を持ちました。

その後、懸命な治療を続けられた結果、2015年4月11日に「夏目亜季ちゃん完全復活コンサート“元気です!」でアイドル活動への復帰を果たしています。

笛田さおり(子宮頸がん)

2013年5月15日にさめざめの笛田さおりさん(当時31歳)が、音楽専門誌「MUSICA」のインタビュー内で2013年3月に子宮頸がんの手術を受けていたことを告白。

笛田さおり笛田さんは2012年12月にメジャーデビューを果たしますが、ハードなスケジュールであったことから体への負担を感じていました。

風邪で体調を崩すこともあり、そんな時に1週間程の不正出血があったことを話している。今まで生理不順は経験したことがなかったため、不安を感じた笛田さんは直ぐに病院を受診。

病院でも原因がよく分らなかったため、組織を採取しての再検査が行われた結果、子宮頸がんの疑いがあることが判明。

さらに専門医による精密検査を受けたところ、早期の子宮頸がんでした。

3月に約1時間の手術を受け無事に成功し、入院期間は2泊3日で手術翌日に退院されています。

笛田さんの場合はステージ0期という早期発見だったため、子宮を摘出しない手術で行われ、麻酔は喉から器具を通すものと脊髄麻酔がありましたが、職業柄脊髄麻酔を選択されています。

その後、笛田さんは翌月の4月にライブ復帰を果たしています。

向井亜紀(子宮頸がん)

2009年9月、女優の向井亜紀さん(当時29歳)に子宮頸がんが見つかります。

都内の産婦人科クリニックを受診した際、妊娠していることが発覚。その時に子宮頸がんであることが判明しました。

向井亜紀都内の大学病院を受診していた向井さんでしたが、医師のデリカシーのなさに「この医師には任せられない」とセカンドオピニオンを受けられています。

知人の医師から人柄・腕共に評判の良い先生を紹介してもらい、信頼と安心感のある印象からその医師に診てもらうことを決めます。

精密検査の結果、子宮頸がんの0期~1期前半だったことから、医師のすすめもあって円錐切除の手術を選択しました。

手術から3日後、医師から連絡が入り、がん腫瘍が3.7cmあり、ステージは1b期になることから子宮全摘出をすすめられます。

しかし、向井さんは「子どもが欲しい」という強い希望から子宮全摘出以外の方法を医師に相談。

それでも医師は全摘出をすすめてきましたが、向井さんの熱意を受け入れ、再び子宮頚部を円錐切除する手術が行なわれました。

手術の結果、がん腫瘍は全て取り切れず11月21日に子宮全摘手術が行われました。手術は無事成功し、向井さんの希望通り卵巣を残すことができました。

手術後、切除した68個のリンパの内1つにがんが見つかり、もう少し手術が遅れていたら命の危機もあったといいます。

術後は放射線と抗がん剤による治療を乗り越えて無事に退院し、その後、直ぐに仕事復帰している。

スポンサーリンク


三原じゅん子(子宮頸がん)

女優の三原じゅん子さんが2008年3月に受けられた人間ドックで子宮頸がんの疑いを指摘されたことを告白。(当時44歳)

三原じゅん子その人間ドッグから数日後に異常が見つかったため、別の病院にて精密検査を受けるようにという連絡が入いりました。

その後、都内の病院にて詳細な検査を受けた結果、子宮頸がんになる前の高度異形成であることがわかりました。上皮内がんに移行している可能性もあるため、子宮頸部の円錐切除術を受けられています。

この円錐切除術を受けることで、がんの範囲や病状等の確認ができることと、そのまま治療が完了する場合もあります。

しかし、手術から2週間後に病院から三原さんが子宮頚部腺がんであることが判明。早期に子宮の全摘手術を医師からすすめられたました。

子宮を全摘出することに抵抗のあった三原さんは、数か所の病院を回ってセカンドオピニオンを受けられましたが、他の医師の診断も子宮を全摘出することが第一と告げられます。

最終的に同じ病気を患う方から医師を紹介されて、手術を受けることを決めます。当時、武田鉄矢さん主演の舞台に出演予定だった三原さんは降板するのは避けたいという思いから手術日を延ばし、7月4日に手術を受けられています。

手術は成功し、体調も順調に回復。術後約2週間で仕事復帰を果たされています。

川合千春(子宮頸がん)

女優の川合千春さんが2008年末に子宮頚がんの手術を受けられています。(当時34歳)「週刊女性」に記事が掲載されたことで病気が明らかになりました。

川合千春川合さんは、2008年7月頃から体調の異変を感じ、病院の検査で子宮頸がんが発覚します。最初に体調の異変を感じた時に川合さんは「女の勘でピンと来た」とコメントしている。

医師から子宮頸がんと告知された時、川合さんは絶望的な気持ちと恐怖感に襲われ、不安から眠れない日々が続いたといいます。

その後、手術を受けられ1時間程で終わり、入院は3日間で退院されています。

関係者の話では、がんは初期段階であり、早期発見できたことが不幸中の幸いだったようです。

退院後も完治に向けて投薬治療を続けられました。

その後、女優として映画に出演するなど再び芸能界で活躍されていましたが、現在は所属していた事務所オフィスウォーカーを退社し、ホームページからも削除されているため、芸能活動を続けているのかは不明です。

スポンサーリンク


森昌子(子宮頸がん)

女優としても活躍されている歌手の森昌子さんが更年期障害を患ったのは2006年のことでした。

離婚後の芸能界復帰でしたが、仕事の方も順調に全てがうまくいっているかのようでした。

そんな中、彼女を襲ったのが「うつ症状の酷い更年期障害」でした。疲れやすい、やる気が出ない、食欲不振、吐き気、引きこもり等の症状に苦しめられたといいます。

それから約2年が経過した時、自宅で子宮からの洗面器いっぱいになるほどの大量に出血をしました。貧血で立っていられなくなるほどだったそうです。

病院での診断は子宮筋腫。大小様々な筋腫が50個位できていることが発覚します。

少数の筋腫であれば閉経と共に消えて無くなるですが、森さんのケースは再発しやすいタイプなため、医師からは子宮の全摘をすすめられていました。

しかし、森さんは全摘治療を避け、2009年に子宮を温存するレーザー治療で筋腫を除去する手術を受けられています。

この手術で子宮頸がんが発覚します。早期の段階で転移もなく子宮筋腫の手術と同時に子宮頸がんも切除することができましたが、本人は相当ショックだったそうです。

術後一か月の検診で「小さなシャボン玉のような細かい筋腫が子宮の内側の壁にくっついている」と告げられ、愕然とする彼女。

その後、何度レーザーで焼いても新しくできるため、ホルモン療法で様子をみることになるのですが、副作用に悩まされました。

そして2009年に卵巣を残す形で子宮全摘手術を決断。この手術の10日後に記者会見を開き、元気な姿を見せられています。

原千晶(子宮頸がん・子宮体がん)

女優の原千晶さんが子宮頚がんを発症したのは30歳の時、さらに35歳で進行子宮体がんを経験します。

2004年、当時30歳だった原さんを襲った体調の異変とは「生理時の経血量の増加」「分泌物異常」「差し込むような腹痛」といった症状でした。

原千晶そのような症状が数ヵ月間続いていたため、婦人科系クリニックを受診しました。

検査の結果、子宮の頸部に腫瘍が確認され、はっきりとした診断が難しいため、大型病院でCTスキャン、MRI、腫瘍マーカーという大掛かりな検査を受けることになります。

さらには腫瘍を採取して調べる円錐切除術(えんすいせつじょじゅつ)を受けました。

この病理検査で告げられた結果は子宮頚がんのステージ1aでした。

原さんは子宮の摘出を医師からすすめられましたが「30歳で未婚、女性の幸せを得る前に子宮を無くすということを考えるたらショックで涙が止まりませんでした」と語られています。

原さんは子宮の温存療法を選択しましたが、2009年の35歳の時に再び子宮頸部と子宮体部にがんが見つかり、子宮全摘出の手術を受けることになります。

この時、主治医からは「間違いなく癌であり、進行しています。一刻も早く手術を行わなければ、命に関わります」という説明がありました。

子宮全摘出手術を受けられた原さんは「手術そのものよりも、抗がん剤治療がとても辛かった、1回目の子宮頚がんを発症した時、当時の彼氏が病気に対する理解が無かったので辛かったです。でも、現在の夫は私の身体をとても気遣ってくれ、病院へ行くことに対しても大丈夫?病院行ってる?というように、私の背中を押してくれます。私の人生ばかりではなく、夫の人生まで変えてしまった….。でも、パートナーの理解は絶対に必要です」とコメントを残している。

原さんは女性のがんに関連したイベントや語り合う「よつばの会」などに出席し、多くの女性たちにがんの経験などを伝えることに尽力・貢献されています。

スポンサーリンク


洞口依子(子宮頸がん)

2004年1月、女優の洞口依子さん(当時38歳)が子宮頸がんであることが報道されました。

洞口さんは2003年の夏頃から生理が早く終わったり、出血が止まらない等の症状があったといいます。

洞口依子洞口さん自身も炎症が起きていることに気付かれていたようですが、病院を受診したのは2004年1月でした。

知人の紹介で国立東京医療センターで検査が行われました。

母親に子宮筋腫があったことから自分もそうではないかと思っていたようですが、検査結果は宮頸がんの疑いがあるという診断でした。

その後の精密検査で「角化型扁平上皮がん」ステージIb2期という告知でした。

子宮・卵巣・骨盤内のリンパ・靭帯・膣の一部を切除する広汎子宮全摘手術が医師からすすめられますが、手術に対する恐怖心から洞口さんは直ぐには受け入れられませんでした。

その後、信頼できる医師を探して手術を受ける決意をします。約8時間に及ぶ手術は成功したのですが、リンパ節への転移が見つかります。

術後は抗がん剤と放射線治療を受け、さらに排尿障害のリハビリをしながら約2ヵ月間の入院することになります。

その後、無事退院されるのですが、精神的な負担から不安障害を発症しますが、3年後に沖縄に行って「人間らしくありたい」と前向きに考えられるようになったと語れています。

和田アキ子(子宮がん)

芸能界のご意見番として知られている和田アキ子さんですが1981年に子宮がんを発症。

和田アキ子2度目の結婚直後に子宮がんが発覚。同年7月には子宮全摘の手術を受けられています。

病気後、自殺や離婚を考えたこともあり、夫が「子どもが欲しくて結婚したのではない。アコの歌が好きだから」という言葉で夫婦の絆がさらに深まったといいます。

そんな中、和田アキ子さんのイメージからか事務所から「女みたい….」といった心無い発言から、初めて「芸能界を辞めたい」と思い、ここまで涙が出るのかというくらいに泣いたといいます。

その後、椎間板ヘルニア、肺気腫、網膜剥離、心臓発作などの様々な病気と向き合うことになります。

2007年の番組企画で精密検査でアッコさんは「慢性中等度閉鎖性呼吸不全」と診断され、医師から「このままの生活を続ければ、歌が歌えなくなる」という宣告を受けられました。

それからロンドンの滞在先で心臓発作を発症。周囲の友人・知人からの説得もあり、2008年8月から禁煙に成功されています。

この時、イチロー選手からの「アッコさんの歌で励まされている人は沢山いる」という言葉がアッコさんの心に響いたというエピソードがあります。

アッコさんは「夢は80歳になっても真っ赤なルージュをひいて、ブルースを歌い続けること」と話している。

スポンサーリンク

HOME