メディカル24
本当に役立つ、身近な医療情報
メディカル24 > メディカルNEWS24 > 芸能人の病気NEWS > 目の病気(緑内障・白内障等)

目の病気(緑内障・白内障等)

大桃美代子(白内障・緑内障)

2013年2月、女優でタレントの大桃美代子さんが、白内障と緑内障の診断されています。

大桃美代子その後、テレビ番組の中でも自らが若年性白内障と正常眼圧緑内障であることを告白。

また、右目に障害があることを明かし、同年6月8日に濁った水晶体を取り除き、人工レンズを入れる白内障の手術を受けている。

大桃さんは「目に違和感があり、見え方も何となく変わって来たような…..」という症状から眼科を受診。

最初は花粉症時期だったので、アレルギーの再発なのではないか?と思っていたといいます。

大桃さんはご自身のブログで当時の様子について「ちょっとした老眼くらいだと思っていたら白内障?私、高齢者だったのね…..」と綴られ、緑内障の併発を医師から告げられた時は「失明の恐怖を感じた」と話している。

ストレスや遺伝等が原因お考えられている白内障ですが、当時の大桃さんは自覚症状のあるストレスに悩まされていました。

治療後の大桃さんは「目の見える、当たり前の生活が大切だって失って気づきました。」とコメントしている

スポンサーリンク


星田英利※ほっしゃん(網膜剥離)

お笑い芸人の星田英利(旧芸名:ほっしゃん)さんが、2015年3月頃から自身のツイッターで進行した網膜剥離であることを告白。仕事や日常生活には支障を来していない状況だという。

ほっしゃんレギュラー出演する健康番組「チョイス病気になったとき」の中で、加齢黄斑をチェックしている時に異変に気づきます。

チェックシートの線を左目だけで見た時、線がぐにゃぐにゃに曲がって見えたので冷や汗が出たと語っている。

異変に気付いた星田さんは、直ぐに眼科で精密検査を受けた結果、診断は網膜剥離という診断。

診断を受けて、星田さんは経過を見ながら、今後の治療方法を決めていく話している。

とくに運動や飲酒等に関してとくに制限はないようですが、感情が高ぶることで水分が漏れ出て悪化する可能性もあるそうなので、医師から「平穏に暮らすように」と指導されているそうです。

ピーコ(メラノーマ)

最初にピーコさんが異変を感じたのは原稿を執筆している時でした。原稿用紙の横線位置が分からず、左目がかすみ、左目だけで見ると右目だけで見るよりも小さく見えていました。

それから半年後、1989年8月(当時44歳)に年1回の健康診断を受けるため、静岡県熱海市にある熱函病院を訪れました。

ピーコ健康診断の結果はとくに異常はなかったのですが、院長の奥様が以前から目の不調を訴えていたピーコさんを心配して眼科医の受診を提案してくれました。

眼科での検査結果は左目の網膜剥離という診断。このままでは失明の可能性もあると告知されます。

おすぎさんも以前左耳の鼓膜が破れて聞こえない状態であったため、2つある物が1つ機能しなくなる恐怖を知っていました。

翌日、院長の紹介で小田原市の病院で診察を受けたピーコさん。造影剤を注射し造影写真を何枚か撮った結果の医師から告げられたのが「メラノーマ」でした。

ピーコさんは、メラノーマと聞いて「自分は癌なのだ」と知ったといいます。ピーコさんの場合、眼球の後ろ側の網膜を覆っている脈略系に発症していました。

目の中に発生するのは30万人に1人と言われるほど珍しいケースとされ、眼球のリンパ管に腫瘍が入り込めば、体中に転移する危険性があり、神経経に達した場合には死は免れません。

医師は「メラノーマが1㎝以下ならなんとなるが、ピーコさんのメラノーマは1.4㎝ある。目は全摘出しないと癌が神経経へ移転して死亡する確率が高い」と告げられました。

ピーコさんは左目を摘出する事を決意、1989年8月26日に手術が行われ、眼球を支える6か所の筋肉と脳と繋がる視神経を切断し、左眼球を取り出す手術で通常は、20分程度で終了するものです。

しかし、ピーコさんの場合では眼球に圧力をかけると癌細胞が散らばり、移転する可能性もあることから2時間にも及びました。

術後の検査では、癌が他の部位に転移していないことから、1989年9月には無事に退院しました。

義眼は傷口に合わせて作るため、傷口が治る度に何度も作り直し、これまでに35個の義眼を作られたそうです。

左目を失ってからは目の病気に苦しむ人やその家族が集まる講習会などに参加し、多くの人に希望を与えたいと語られている。

スポンサーリンク

HOME