メディカル24
本当に役立つ、身近な医療情報
メディカル24 > 役立つ家庭の医学

役立つ家庭の医学

メニエール病

メニエール病とは メニエール病の主な症状は、回転性のめまいや耳鳴り、耳閉感、難聴などが挙げられ、これらの症状が何度も反復して起こるのが特徴です。 メニエール病を発症年齢のピークは男女ともに30代~50 ・・・

心臓病の基本知識

心臓病(心疾患)とは 日本人の死亡原因の調査では例年上位に入るのが心臓病となり、がんに次いで第2位となります。心臓病と言っても実は様々な病気があり、心臓は下記のようなパーツから成っています。 ポンプの ・・・

心臓弁膜症

心臓弁膜症とは 心臓病と言えば、狭心症や心筋梗塞を思い浮かべる人が多いのですが、弁膜症という病名をご存知でしょうか?この弁膜症という病気はここ10年間で患者数が2倍に急増している病気なのです。 国内で ・・・

心筋梗塞

心筋梗塞とは 日本人(成人)の死亡原因の第1位は悪性新生物(がん)、続いて心臓病(心疾患)が第2位となり、心臓病の中でも特に死亡率が高いのが心筋梗塞になります。 心筋梗塞は狭心症とともに虚血性心疾患、 ・・・

狭心症

狭心症とは 心臓は常に動き続けることから主に筋肉(心筋)で作らており、この心筋は常に多くの血液を必要としています。心臓の筋肉に血液を送っているのが冠動脈という動脈で心臓の周囲を取り囲んでいます。 狭心 ・・・

子宮筋腫

子宮筋腫とは 年々患者数が増加傾向にあり、女性特有の疾患でもある子宮筋腫をご存知でしょうか。 じつに成人女性の2~3割が子宮筋腫を持っていると言われ、全国の患者数は9万人以上となり、とくに30~40歳 ・・・

バセドウ病(甲状腺疾患)

バセドウ病とは 甲状腺疾患であるバセドウ病とは、首の前面に位置する甲状腺で甲状腺ホルモンが過剰に作られることが原因とされる自己免疫疾患の一つです。 一般的に発症年齢で多いのは20~40代、特に30代は ・・・

認知症

認知症とは 認知症とは、脳の後天的(生まれつきではない)な障害によって日常生活に支障をきたす症状を指します。 昔は痴呆症(ちほうしょう)とも呼ばれていましたが、差別用語的であるということから2004年 ・・・

大腸がん

大腸がんとは 大腸の表面(最も内側の面)は粘膜で覆われていますが、その粘膜組織にできるがんが大腸がんとなります。 大腸は盲腸・結腸・直腸とに分かれ、厳密には肛門は大腸とは別の組織ですが、肛門に発生する ・・・